さあ、流星満開だよ!  2008version  月明かりに負けるな!!

8月12日夜から13日明け方にかけてペルセウス流星群が乱舞する。当日は満月直前の月明かりだが、天空高い夏の天の川を横切るマイナス1等級クラスの流星が数多く飛ぶ光景を堪能できる。写真撮影なら、半月の9〜10日の夜半過ぎが好機。避暑をかねて高原でビール片手に楽しめそう。
富士山上空を飛ぶペルセウス流星群
ペルセウス流星群:2000年8月12日、静岡県御殿場市の富士山太郎坊2合目で撮影。爆発的増光を見せるものが多いのがこの群の特徴。
やぎ座流星群
やぎ座流星群:1981年8月2日、奥多摩有料道路、頂上付近(現在、夜間通行止め)
この写真は同年8月4日読売夕刊社会面を飾り、流星ブームの火付け役となる。流星が夏の風物詩となる社会現象にまで発展。
ペルセウス流星群ペルセウス流星群:2004年8月12日22時10分、長野県八ヶ岳北部の八千穂高原で撮影。下(ペルセウス座)方向から上に飛ぶ。
長野県八千穂高原の星空
八千穂高原の星空。富士山や清里より、空が暗く、晴天率も良そう。ちなみに、当日は全国的に曇りで、八ヶ岳周辺も雲が多く、八千穂高原に晴れ間を求め移動。写真下部が八ヶ岳方向。高原の爽やかを夜通し堪能した。


ペルセウス流星群が飛ぶ様子

しし座流星群

親子の天体観測